なぜ借金が減るの?

任意整理で借金が減るには理由があります。これには利息制限法と出資法と呼ばれる2つの法律が関係しています。利息制限法とは貸金者から消費者を保護するために金利の利率を定めた民事法です。<この法律では金利の上限を15~20%としており、この上限を超えた金利を定めた場合、超えた部分に関しては法律で無効になるとされています/span>。出資法は利息制限法と同じ目的で制定された刑事法です。これは刑事罰に当たる金利の上限を定めたものです。

しかし、この法律では2010年の貸金業法などの改正が施行される前は金利の上限を29.2%としていました。これは利息制限法で定められた金利を超えています。この2つの法律で定められた上限の金利の間をグレーゾーン金利と呼ばれていました。

任意整理では貸金者との契約開始時に遡り、利息制限法の上限の金利で借金を再計算することでグレーゾーン金利の分に当たる金額が返還されることで借金が減額されるのです。また場合によっては借金の元本を超えて返済していることがあり、この分のお金を「過払い金」と呼びます。過払い金が発生している場合は、貸金者にこの過払い金の返還を請求することができます。このようなことによって、借金の減額や場合によってはお金が返還されるのです。


Back to Top